手書きのしましま

春が待ち遠しい今日この頃。
なにか春らしいものをと、しましまペイントのポーチを作っています。
今回のしましまは床革に直接筆で手書きしています。
線がゆがんでいたり、揺れていたり、ペンキが溜まっていたり、かすれていたり。
よく見るといろいろあるのですが、そこは「味」というご理解でお願いします。。
ただいまペイントの強度や使い心地をテストしようと
小さい方を化粧ポーチに使ってみています。
革なのでハリがあってなかなかにがしっとした手ごたえがあり、丈夫です。
バッグの中では軽くてくしゃっとした素材のポーチが重宝しそうですが、
こういうパリッとしたものはこれだけもって出かけられそうです。
ポーチってすごく単純な入れ物だし、あってもなくてもいいようなものかと
思っていたのですが使ってみるとその便利さにハッとさせられますね。
いつも大きなバッグの中をガサゴソして時間をかけてリップクリームや
ポケットティッシュを探し出したりしていて、なんて無駄な労力だったのでしょう。
バッグの中がきちんと整理されていると、ささやかながら大人の余裕を感じます。
もっと早く作ればよかった。


Category: NEW ARRIVAL, 革のアイテム Comment »



Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.