5億年前の地球から

アメリカ・ニューヨーク州、ハーキマー地区でのみ産出される、
水晶の一種、ハーキマーダイアモンドのお話です。
ダイアモンドをはじめ、多くの宝石は産出されたときは石ころのような
原石の状態です。それを人間の手でカットしたり、研磨したりして
キラキラと輝く美しい宝石に加工されています。
けれどもこのハーキマーダイアモンドは、5億年前の地球の砂岩の中で
カットされたダイアモンドにも似た
美しい多面体の姿をもって生まれた水晶なのです。
そのため、1つ1つ形が異なり、同じものは2つとありません。
水晶とえば、半透明の塊からニョキっと生えた
剣のような結晶を思い浮かべますが、ハーキマーダイアモンドは
その剣先が両面に付いた、いわゆる両剣の水晶です。
太古の地球の、高温、高圧の砂岩の中にできたわずかな空洞で
誕生したハーキマーダイアモンド。
大地の荒々しいエネルギーを閉じ込めた誕生シーンとはうらはらに
透き通った氷のようなすがすがしい輝きを見せてくれます。

●ハーキマーダイアモンドのアクセサリー●
ナイロンコードネックレス・ハーキマーダイアモンド
フックピアス・ハーキマーダイアモンド


Category: アクセサリーなど Comment »



Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.