「革ノート」第二章

前回ご好評をいただいた革ノートのワークショップ。
その第二弾が開催されました。
寒い中来て下さった参加者のみなさま、
スタッフのみなさま、ありがとうございました。
今回は定員を一人増やして6人での開催となりました。
お友達のプレゼントにたくさん作りたいと言ってくださる方
自分の気づきノートにという方、
意欲的に独自の工夫を凝らす方などなど、
ひとりひとりの個性があらわれた、その人らしいノートができあがりました。
一冊のノートと言えど、人が作るものには作った人の雰囲気が
なんとなく宿っているように見えるのは面白いことです。
一見強そうな感じに見える方が、最後にミッフィちゃんのスタンプを
押していたのを見てやさしい方なんだなぁと思ったりしてしまいました。

写真は出来上がったノートにスタンプを押しているときのもの。
最初はまっさらなノートの上にスタンプを構えたまま、
「押せない…」と、硬直していましたが、いつの間にかスタンプを交換しあいながら
和気あいあいとノートの仕上げをしていらっしゃいました。

さて、この「革ノート」ワークショップは今回も応募多数で
参加できなかった方もいたため、第三章まで開催が決まっています。
次回参加のみなさま、よろしくおねがいいたします。
お会いできるのを楽しみにしております。

追伸
写真中央にうつっている、黄色と黒とブルーのカッターは
第一回のどなたかの忘れものではありませんか?
お心当たりの方はご連絡くださいませ。
ちゃっかり借りちゃってますが。。。


Category: ワークショップ 2 comments »


2 Responses to “「革ノート」第二章”

  1. yuki-G(萬鶴)

    WAQWAQさん

    はじめまして、萬鶴と言います。
    なんとなくお察しが出来ることでしょうね。
    その関係者です。
    さて、先ほどメールに休日などの内容で送信してしまいました。
    週末営業だったんですね。
    木格子の作品は私も、東鶴さんと言う方から頂きました。
    この方は確かMニ中の出身だと思いますが、私の後輩になりますね。
    また、お伺いいたします。

  2. WAQWAQ

    萬鶴さん、メッセージありがとうございます。
    お近くにお越しの際にはぜひお寄りください。
    お待ちしています。


Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.